前CDC慢性疲労症候群研究主任 Dr. William Reeves死去


New York Timesに、’Dr. William C. Reeves, Who Sought Cause of Fatigue Syndrome, Dies at 69‘が掲載されました。

アメリカ疾病予防センター(CDC) 慢性疲労症候群(ME/CFS)研究の主任であった、Dr. William Reevesが死去した等が記されています。

※関連記事

カテゴリー: メディア, 研究 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください