ドイツの研究者 XMRVの起源と人の疾病・慢性疲労症候群(ME/CFS)との関係の終焉


Virus誌に、’Origin of XMRV and its Demise as a Human Pathogen Associated with Chronic Fatigue Syndrome‘(PDF)が掲載されました。

XMRVウイルスは人に感染するとは考えにくく、人の病気とは関係なく、’噂’ウイルスであると、ドイツのHIV・レトロウイルスセンター・Robert Koch Instituteが、Virus誌に報告しています。

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください