研究所のミスによりXMRVウイルスがみつかったのではと最初の発表を撤回 サイエンス誌


CBS Newsに、’Scientists now doubt studies linking chronic fatigue syndrome to mouse virus‘が掲載されました。

2009年にサイエンス誌でXMRV陽性とされたサンプルも用いて、ウイルスが存在するかどうかを調査したが、ウイルスは見つからず、汚染による研究所のミスではないかと、カルフォルニア大学の研究者等がサイエンス誌に報告している等が記されています。



※関連記事

カテゴリー: 研究 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください