幼児期の虐待と慢性疲労症候群(ME/CFS)の関連性


Science Todayに、’Childhood Physical Abuse Linked to Chronic Fatigue Syndrome, Study Suggests‘が掲載されました。

女性が幼児期の身体的虐待を経験していると、慢性疲労症候群(ME/CFS)・線維筋痛症(FMS)・化学物質過敏症(MCS)の罹患する可能性が高くなると、トロント大学が、the Journal of Aggression, Maltreatment & Traumaに報告している等が記されています。

カテゴリー: 研究 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください