カナダ政府 慢性疲労症候群(ME/CFS)研究に1.4百万ドル

Montreal Gazetteに、’Federal agency announces $1.4 million to research chronic fatigue syndrome‘が掲載されました。

カナダ政府が、国家的な研究ネットワーク構築に1.4百万ドル(約1億1千万円)授与すると発表した等が記されております。

カナダ国内に、50万人の患者がいるが、国内にこの病気を診る診療所が3つしかなく、
患者は診断までに長期を要している。
Dr. Moreauは、「慢性疲労症候群(ME/CFS)は、21世紀のミステリーであり、稀ではない病気ではあるものの、進捗の欠如、多くの研究者が興味を持っておらず、研究費の不足が起きていた。」と話した。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする

脳画像研究に290万ドル

Solve ME/CFSに、’DR. JARRED YOUNGER TO COMPLETE BRAIN IMAGE STUDY WITH INCREASED FUNDING’が掲載されました。

NIHから、バーミンガム大学に慢性疲労症候群(ME/CFS)の脳画像の研究に290万ドルの研究費が授与される等が記されています。

カテゴリー: 研究 | タグ: , | コメントする

腸内細菌をAIで線維筋痛症(FMS)診断

Medical Xpressに、’Gut bacteria associated with chronic pain for first time‘が掲載されました。

腸内細菌をAIを利用して分析し、線維筋痛症(FMS)を87%の確立で診断できたと、カナダ マギル大学が、’Altered microbiome composition in individuals with fibromyalgia‘で報告しています。

カテゴリー: 研究 | タグ: , | コメントする

特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)と線維筋痛症(FMS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)との関連

特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)と線維筋痛症(FMS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)の特徴的な症状は、頭蓋内圧(ICP)の症状(頭痛・認知障害・グレイマター減少・脳神経障害・リンパ嗅覚路の過多)によって起こっている可能性がある等が、Dovpress ‘The link between idiopathic intracranial hypertension, fibromyalgia, and chronic fatigue syndrome: exploration of a shared pathophysiology‘で報告されています。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする

線維筋痛症(FMS) インスリン不耐・糖尿病治療薬

Health Risingに、’Fibromyalgia, Pre-Diabetes and Metformin: Could a Diabetes Drug Help with FM (and ME/CFS?)’が掲載されました。

線維筋痛症(FMS)にインスリン不耐がみられ、糖尿病前症であり、糖尿病治療薬 メトホルミンが効く可能性がある等がPLOS ONE ‘Is insulin resistance the cause of fibromyalgia? A preliminary report‘で報告されている等が記されている。

カテゴリー: 研究, 薬剤 | コメントする