特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)と線維筋痛症(FMS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)との関連

特発性頭蓋内圧亢進症(IIH)と線維筋痛症(FMS)・慢性疲労症候群(ME/CFS)の特徴的な症状は、頭蓋内圧(ICP)の症状(頭痛・認知障害・グレイマター減少・脳神経障害・リンパ嗅覚路の過多)によって起こっている可能性がある等が、Dovpress ‘The link between idiopathic intracranial hypertension, fibromyalgia, and chronic fatigue syndrome: exploration of a shared pathophysiology‘で報告されています。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする

線維筋痛症(FMS) インスリン不耐・糖尿病治療薬

Health Risingに、’Fibromyalgia, Pre-Diabetes and Metformin: Could a Diabetes Drug Help with FM (and ME/CFS?)’が掲載されました。

線維筋痛症(FMS)にインスリン不耐がみられ、糖尿病前症であり、糖尿病治療薬 メトホルミンが効く可能性がある等がPLOS ONE ‘Is insulin resistance the cause of fibromyalgia? A preliminary report‘で報告されている等が記されている。

カテゴリー: 研究, 薬剤 | コメントする

スタンフォード大 慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査確率か

Medsacapeに、’Biomarker May Be a Diagnostic Test for ME/CFS‘が掲載されました。

超微細電子工学血液検査により慢性疲労症候群(ME/CFS)の検査が可能になったと、PNAS ‘A nanoelectronics-blood-based diagnostic biomarker for myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome (ME/CFS)‘に、スタンフォード大 Dr. Ron Davis・カリフォルニア大学アーバイン校 Rahim Esfandyarpour等が報告してる等が記されています。

慢性疲労症候群患者20名の血液と健常者20名のそれでは、高浸透圧ストレスに反応するインピーダンスのパターンの違いがあり、100%の確率で判別できたそうです。

※関連記事

カテゴリー: 研究 | タグ: , | コメントする

濠 慢性疲労症候群(ME/CFS)研究に3百万ドル

#MEActionに、’AUSTRALIAN GOVERNMENT ANNOUNCES $3M FOR ME/CFS RESEARCH‘が掲載されました。

オーストラリア政府が、慢性疲労症候群(ME/CFS)の研究に3百万ドル(約2億3,700万円)が授与される等が記されています。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする

線維筋痛症(FMS) 分子指紋で血液検査が可能に

Medical New Todayに、’Groundbreaking blood test detects fibromyalgia‘が掲載されました。

オハイオ州立大学で、線維筋痛症(FMS)の血液検査を開発した等が記されています。

血液中の分子の化学結合・エネルギーレベルを調べることができる振動スペクトロスコピーで、関連している疾患である関節リウマチ・変形性関節症(OA)・エリテマトーデス(SLE)からも、線維筋痛症を判別できるとのことです。

カテゴリー: 研究 | タグ: | コメントする